はじめに

このサイトを訪問していただき、誠にありがとうございます!

自然治癒力を最大限に引き出す=自然に還る

当協会では、こんな観点でたどり着いた、

お金をかけずに健康を維持増進する技術を皆様にご提案致します。

この技術の普及活動にご関心を持っていただけたらとても嬉しいです。

この活動を東京から始めて、2020年 東京五輪 パラリンピックに向けて、

全国に展開していくことが私の夢であり大きな目標です。

 

人間の本質は、水

皆さんはこの言葉をご存知でしょうか?

〜 上善如水 〜

私の大好きな日本酒の銘柄をご紹介!

というわけではありません(笑)

二千年以上も昔の春秋戦国時代に、中国の思想家、老子が残した格言です。

 

争いごとは世の常ですが、老子は、争わない生き方を善しとしました。

 

人間の本質は水。

 

水のように、常に形を変えながら周りを潤し低きに流れるように、

幸せに生きていくことができたらいいなぁという思いで、この活動に取り組んでいきたいです。

 

わたしたちはみんな、羊水に満たされた、お母さんの小さな子宮の中で、

純真無垢なこころを持っていました。

 

きっと、生まれ出ることにワクワクして、

これから始まる人生を楽しみにしていたのだと思います。

 

「いまここ」に見え隠れする「宇宙の法則」

生きて行く自信がない、自分の場所がどこにもないと、

いま苦しんでいる人にも必ず、ふさわしい場所があります。

 

英語で、どこにもないの意味を表す単語は、

どこにもない → Nowhere

と書きますが、この文字をじっと見つめると

Now here   → いまここ

です。

 

生きる場所は、いまここ、にあります!

 

さらに、もう一つ言葉遊びを…

「いまここ」をじっと見つめると、

“emacoco”と見えてきませんか?

 

この中に、アインシュタインが見つけた物質とエネルギーの法則

〜 E =mc2

の方程式が浮かび上がってきます!

 

mは質量。cは光の速さ。

この式を人間に当てはめてみましょう。

 

こころ(Mind)は肉体(物質のm)とともにあり、

意識(Conciousness)は光(光速度のc)とともにあります。

 

宇宙のエネルギーEとつながれば、どっと流れ込んできて、

こころも意識も力を増します!

 

私たちは、宇宙の真っ只中をものすごいスピードで、らせん運動を描きながら、すっ飛んでいます。

 

このYoutube動画を観た時、この動きが、モーションコーチングのらせんの動きとシンクロしているようで、

とても感動しました。

 

太陽や地球、月と同じように、誰も決して、

同じ場所にとどまっていることはできません。

 

生きるということは、この宇宙の中をらせんを描きながら、

想いのまま飛び回って変化し続けること。

 

私たちを形作っている60兆個の一つ一つの細胞の中にも、

DNAの二重らせん構造があります。

 

生命が誕生して以来、何億年もの間、1秒も途切れることなく続いています。

 

モーション(動き)の源泉とつながろう!

私たち一人ひとりが、この大宇宙のさざ波です。

 

宇宙のエネルギーが、らせんを描きながら、四六時中、

私たちの内なる宇宙に飛び込んできます。

 

私たちの「モーションの源泉」は、宇宙からやってきます。

「いまここ」は、

大宇宙

大きな地球

大きな子宮

です!

 

お腹の中で、おへそからお母さんとつながっていたように、

いまも、おへその奥で、宇宙の源につながっていることを思い出しましょう〜

 

さあ、勇気を出して、本当の自分に出会う旅に出かけましょう〜

ストーリー

2017年3月、ちょうど50歳になって2ヶ月が経った時、これからの将来のことを考えました。

このままではいけない。何かを変えなくてはならない。。

自分の好きなことをライフワークにしたい。。

20年以上続けてきた、太極拳のスキルを使ったコーチング術を提供していこうと思い立ちました。

いままでの習慣を変えて、より良い人生を引き寄せるには、どうすればいいだろう。。

モーションをアクションに

そうだ。一つ一つの動き(モーション)そのものに注目してはどうだろう。

そう考えて、「モーションコーチング」という名称のコーチング術にしました。

 

「モーション」というキーワードで何か良いことわざはないかなと調べたところ、

Never confuse motion with action

という、ベンジャミン フランクリンの言葉をみつけました。

 

ベンジャミンフランクリンは、100ドル札に描かれているアメリカ建国の父の一人。

 

日本でいうと1万円札なので、過去の聖徳太子、今の福沢諭吉ですね。

※ wikipediaより画像引用

過去に動機づけられた習慣(モーション)を、自然の法則に立ち返り、意識的に変えていく行動(アクション)を起こしましょう。というコンセプトにしました。

 

人生の氣づきで誰かの役に立ちたい

では、誰にこのスキルを伝えていこうか。。

自分自身、生まれつきの喘息に苦しめられてきた経験から、健康を取り戻したいと願っている方々に真っ先に伝えていくべきだろうと考えました。

多くの病気は、生活習慣に対する思い込みが原因。

そのことを伝えたいという熱い思いがあります。

健康を害する多くの原因は、「食」にあります。

 

多くの人は、嗜好に勝てず、自ら健康を害しています。

これを変えるのは容易なことではありません。

 

そして、15-16世紀、極少食で102歳まで生きた、イタリアのルイジコルナロという偉人の存在を知りました。

『無病法』という本の中で、当時コルナロも同じことを嘆いていたわけです。

 

協会を作ろう!

少食と低糖質の有効性はいろいろな本を読み漁り、自分なりの方向性を決めました。

それでも好きなものは好き。これが人間なんだから、自分自身も含め、ずっと変わらないのかもしれません。

自分一人では変われない。。

 

それなら、協会を作って、同志を募れば、お互い助け合って、より良い方向に進んでいけるはず。そう思いました。そして、次の3つの柱を考えました。

 

食:少食と糖質コントロール

運動:マインドフルネス、太極拳

関係性:天・地・人の関係を取り戻す意識改革

 

食と運動については何をやるべきか明確になりましたが、関係性の根本的な問題は何だろうと考えていました。

その答えが、1年後にフェイスブックのお友達からやってきました。

それは、アーシング(グラウンディング)でした。

 

大地との絶縁。これが天地人の関係性でいまもっとも問題だと直感的にわかりました。

 

人間は、気的(電気的)に大地とつながっていなければ病気になる。

 

つねに大地に接している、草木や野生動物たちは、生きていくのに、お金も、薬も、病院も必要ありません。

それなら人間にも同じことが言えるのでは。。

そして、アーシングと太極拳を組み合わせた、「アーシングタイチ」 というプログラムを考案することにしました。

 

クリント・オーバー氏の発見

そして、これは偶然の一致、シンクロニシティーと言えるかもしれませんが、「モーションをアクションと混同するな」と言ったベンジャミンフランクリンは、フィラデルフィアで雷雲に向かって凧をあげて実際に電気を取り出す実験で、雷が静電気であることを証明し、避雷針を発明した人物だったんです!

 

それから約250年後の1999年に、やはりアメリカで、当時ケーブルテレビ業界にいたクリントオーバー氏が、体の不調に苦しんでいたところ、ふとアイデアが浮かび、アース棒を地面に埋めてからケーブルをベッドまで引き込みアルミテープを貼って一晩寝たところぐっすり眠れることを発見しました。

 

これがアメリカでのアーシングのはじまりです。アーシングの効果を大学の学者に話したところ一笑され、自分で研究に取り組み、ついに慢性炎症の一因が体内静電気にあることを突き止めました。

 

私たち自身、生きている限りいつも静電気を生み続けていて、雷のように大地に放電するための通り道を必要としていたのです。

 

漢字の「神」は、「雷」(静電気)を意味します。

であれば、「神経」は、「静電気の通り道」。

 

アメリカ人の発想、行動力には素晴らしいものがあります。

 

アーシングについての動画をご紹介します。

ダウン・トゥ・アース

 

慢性炎症をなくそう!

そして、iPhoneを発表し世界のコミュニケーション環境を一変させたスティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式で遺したスピーチで引用した言葉、

Stay Hungry, Stay Foolish

一生ハングリー精神で、人に笑われ続けるような生き方に憧れています。

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

世界中に、慢性炎症が蔓延しています。

糖質の摂りすぎと運動不足、大地との絶縁。

 

3つの問題を解決すれば、世の中がもっと健康になります。

 

Stay Hungry, Stay Foolish

 

この精神で活動していきたいと思います。

この世から、慢性炎症をなくすために。

点と点が、いずれ線に、そして面になっていくことを期待して。。

 

2018年5月

 

代表者について

このボディーワークは、20年以上をかけて、中国のマスターから

伝統太極拳の知識を学んだ経験に基づきます。

 

自らも10年以上、講師として教えて来た実績があります。

 

私自身、こころやからだの病気、トラウマを抱えていたり、

経済的な問題、突然のリストラ、離婚を経験しましたが、

いつもこの方法で乗り越えてきました。

 

同じような悩みを抱えていらっしゃる方々の一助になりたいと思い、

このプログラムを考え出しました。

 

ぜひ皆様のお力をお貸し下さい!

「ゆっくりくるくる」

を合言葉に!

 

人生や仕事を、戦いの場(レッド・オーシャン)ととらえるか、

創造の場(ブルー・オーシャン)ととらえるかで生き方が変わります。

 

宮崎県出身の私は、青い海が大・大・大好きなので、ブルー・オーシャンを目指します!(笑

 

青い海の波打ち際でお会いするのを楽しみにしています。

 

ぜひいますぐ、お問い合わせください!

 

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

モーションコーチング協会

代表  鳥成優一郎