3/26(月)第4回 マインドフルネス 伝統陳式太極拳 講習会(ご報告)

3/26(月)第4回 マインドフルネス 伝統陳式太極拳 講習会を

渋谷宮益坂のNEOビジョンスタジオで開催させていただきました。

 

今回は参加者2名。

 

ほぼマンツーマンでレッスンを提供できて、

参加者には、とっーーてもご満足いただけたのではないかと思ってます(笑

 

毎回内容を少しずつ変えてやっていますが、

今回初参加の方は25歳のダンサー志望の女性でした。

 

 

誰にでもある、姿勢のクセ。

姿勢は、無意識が決めています。

姿勢を修正するには、無意識的な生活習慣に、気づく必要があります。

 

本来の姿勢を取り戻すには、

「ふわっと丸い氣」を思い出すことが重要。

 

誰に対しても有効なシンプルなアドバイスは、

「三才」を意識すること。

これに尽きます。

 

自分を解放できる空間に身を置き、

三才(天、地、人)の関係を再構築する時間を持つことが大事なんです。

 

簡単に言えば、

頭頂を引き上げ、リラックスする。

 

これを習慣にすれば良いわけです。

 

太極拳では、動きの全体性を求めます。

 

部分、部分を治そうとしても、しょせん部分に過ぎません。

 

本来の自分、ひとつの意識に、全身が従ってこそ、自然美が現れます。

 

そして今回新たに、太極図エクササイズをご紹介しました。

ここでシェアさせていただきますね。

 

太極拳の数ある基本練習の中のひとつに、「太極図」を描く

エクササイズがあります。

 

太極図は、陰と陽のバランスから成り立つ

宇宙のしくみそのものをシンボル化した、

みなさんおなじみの図ですね。

 

↓ ぜひチャレンジしてみてくださいね! ↓

 

動きのポイントは3つです。

 

  1. 片腕の5本指を大きな筆に見立てて、半円→S字→半円→反転S字を連続して描き続ける

 

  1. 腕と連動して、足の裏と膝の◯運動と、左右に∞の軌道で重心移動

 

  1. 三才(天、地、人)を意識する(あごを引き頭頂を引き上げる)

 

どこから押されても(軽くでいいです)、

変わりなく動き続けることができれば、

あなたと宇宙が<ひとつ>になっている証拠です。

 

このエクササイズは次回もやりますよ。

 

そのほか、お伝えしたことは以下の通り。

 

  • 私が学んでいる伝統陳式太極拳は、新架式と呼ばれているもの。

新しいのではなく、実は古いものと老師に聞かされています。

世界的にみてもおそらく絶滅危惧種。

若い世代に伝えていきたいものです。

 

  • 花粉症の季節。

花粉症になるのは、花粉のせいではない。

根本の原因は自分自身が何かにお金を払って引き寄せている。

アレルギー体質の私の実体験として、糖質オフをおすすめしました。

食費、薬、診療費、マスクなどに費やすお金をセーブできますよ。

 

「認識疾患」の視点で、常識から離れる。

これが正解だと思ってます。

 

認識疾患については、新板橋クリニックさんの健康講座で学んでいます。

これはまた別の機会に。

 

  • 映画「マトリックス」の主人公ネオから名前をつけたという

NEOビジョンスタジオと、私、とりなりにかけて、

「ネオ&トリニティー 救世主 養成講座」

をこの場所で作りたいなと思っています。

わたしはモーフィアス役です(笑

 

映画ワンシーンで、モーフィアスがネオに、バーチャルな道場で

太極拳風の戦いかたをしながらこう言いました。

 

「速く動こうとするな。速いと知れ」

 

ゆっくり少しずつ変わればいつのまにか大きく変わる。

太極拳のゆっくりは、速く反応するための鍛錬。

 

「ひとつ」になれば、小さな動きが大きな働きをする。

 

そのしくみを私自身が追求しながら、

この講習会で伝えていきたいなと思っています。

 

90分の講習会ですがいつもあっと言う間に過ぎてしまいます。

コンテンツを詰め込み過ぎ?

それともゆっくりし過ぎ(汗

 

次回は4/15(日)19:00~21:00です。

 

皆さまのご参加をお待ちしております。

コメント