糖質オフ

糖質制限について

糖質制限、糖質オフ、低糖質、ロカボ(ローカーボ)など、様々な呼び方があります。

地球レベルでも、人口が増え、経済活動の拡大とともに、化石燃料の排出量が増え続け、地球温暖化、気候変動が問題視されています。

省エネ、グリーンエネルギーへの転換が急がれています。

私たちの内と外に起きている問題の根っこは同じなのかもしれません。

糖質の過剰摂取による人体への悪影響について

糖質の過剰摂取により、様々な生活習慣病のリスクが高まります。

一食当り50gを基準に考えると、毎食100gを摂取していたとすれば、過剰と言えます。心身に何らかの不調を抱えていたとすれば、糖質制限によって改善されるかもしれません。

生活習慣病としては、

糖尿病、がん、高血圧症、心臓病、脳卒中、うつ病、統合失調症、認知症、肥満、メタボリック症候群、動脈硬化、関節炎、喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー疾患、虫歯、歯周病

などが挙げられます。

経済的な負担

炭水化物系の食材は、安くて美味しいため、食べ過ぎてしまいがち。

病気をすれば薬を買ったり、病院に行ったりと医療費の負担が増え、さらにダイエットを目的にお金を支払って様々なことに挑戦します。

炭水化物の取り過ぎ、という根本の問題を取り除くことによって、経済的にも今までよりもずっとゆとりのある生活が実現できることに気がつくと、より健康で、活力のある豊かな人生を引き寄せることができます。

食材の選び方

糖質オフの基本は1回の食事で摂る炭水化物の量を20gとすること。

多くとも50g以内とすることです。

A. 積極的に摂る食材、B. 量を抑えて摂るべき食材、C. 極力避けて摂る食材の3つにカテゴリー分けします。

A. 積極的に摂る食材 緑黄色野菜、ローフード、海藻、発酵食品、ナッツ、豆類など
B. 量を抑えて摂るべき食材 玄米、植物油、肉類、魚、フルーツ
C. 極力避けて摂る食材 加工食品、白米、小麦(パンや麺類)、菓子、アルコール、冷たいもの

あくまでも目安であって、厳密に区別する必要はありません。

普段の体調や、体重に注意を向け、適切にコントロールすることが大切です。

情報源: 糖質制限ダイエットの効果が高い理由と実践方法 – NAVER まとめ

コメント