アーシングタイチは、自然な素材、うさとの服を着て

ライフシフト

アーシングとオフグリッドの普及活動で

全国を飛び回っているイオさんが、

うさとの展示会で、アーシングTABIを販売される

という情報が流れてきました。

うさとってナニ???

初めて耳にした服メーカー。

皆さんはご存知でしたか?

調べてみたら、タイのチェンマイで生産されたコットン、ヘンプ、シルクを原料に、

手紡ぎ、手染め、手織りで作られた服でした。

トップページ | うさと
あいをよる おもいをつむぐ こころをむすぶ うさとのオフィシャルサイトです。

そして販売方法がユニーク。

店舗販売ではなく、全国約150人のコーディネーターによる展示会販売なんですね。

さっそくスケジュールを調べて、神楽坂のうさと展に行ってみました。

デザインが豊富で、どの服も、すべて手作りの温もりが感じらる。

コーディネーターの渡辺真美さんもステキな方でした。

1日中滞在して、たくさん試着されるお客さんも多いそうです。

買っても買わなくてもいい。

本当に気に入ったものだけを選んでほしい。

そして、お客さん同士がその場でつながっていく…

こだわりを持つ人が集まってくるから、

すぐに意気投合できちゃうんだなって思いました。

生きがい(IKIGAI)の一つの要素に、<こだわり>があります。

真美さんが本もあるので読んでくださいね〜と言ってくださり、パラパラと読んでみた。

『あいをよる おもいをつむぐ』

うさと服を考えた、さとううさぶろうさんにも、IKIGAIとこだわりを感じました。

最近、アーシングタイチのイメージづくりについて考えていたから、

うさとの服を引き寄せてきたんだな〜って嬉しくなりました。

自分の想い(氣)から、意識の糸(意図)が神様に伸びていって、
糸と糸がつながった、確かな感覚。

自然の中に溶け込むアーシングとぴったりと波長が合う服に、初めて出会った氣がしました。

 

【公式メルマガ】「動き」で脳を変える!モーションコーチング(R)の購読申し込みはこちら

 

コメント