事例1: 102歳 女性〜施術を通じて感謝することを学びました

介護予防

いくつになっても習慣は変えられる!

患者さんデータ

氏名;トシさん
性別:女性
年齢;102歳

これまでの経緯

いつもニコニコ、笑顔のステキなトシさん。

2年くらい前から、耳が聞こえにくくなりました。

私は筆談で、トシさんは言葉にして応えてくださいます。

 

トシさんは、子供の頃、とても活発で、運動会の徒競走ではいつも一等賞。

鉛筆は、景品でいただくので、買ったことが無かったそうです。

 

60歳の頃、椎間板ヘルニアになりましたが、ヨガに通い約1年で回復されました。

現在は、腰痛と右肩関節に痛みがあり、ご家族からのご要望で、施術させていただくことになりました。

施術の内容

右肩の痛みの緩和と、いつまでも自力で歩けることを目標に、

週2日、鍼灸施術・介護予防運動・室内での歩行練習をしています。

 

鍼灸施術は、痛みの緩和のための調整をしています。

 

介護予防運動は、主に2つのことを行なっています。

  1. 筋肉をつける目的で、負荷をかけずにゆっくり下肢を動かす
  2. 全身の関節を滑らかに動かすことを目的に、腰のねじり、首、足首をゆっくりを回す

 

歩行練習は、杖を使って、6人掛けの食卓テーブルのまわりを1、2周するといった、室内歩行の練習をしています。

 

ご高齢でもありますので、無理のない施術を心がけています。

 

施術の結果、どう改善したか

治療に関しては、施術者が一方的にするものではなく、

ご本人、ご家族、施術者が、同じ目的をもって、取り組んでいくことが大切だと、お伝えしています。

 

鍼灸施術によって、右肩の痛みは和らいでいます。

室内歩行は、徐々に距離を伸ばされています。

時には、杖をつかないで、歩行されることもあります。

 

動作は、私のマネをしていただいているのですが、

細かいところまで、きちんとマネをしてくださいます。

 

ご家族とご一緒に、気候の良い日は、歩行器を使用して、

散歩もしていただいています。

 

ご高齢なので、体力が衰えないよう、現状の生活習慣を維持できることがとても大切だと考えています。

患者さんからの学び

施術をする毎に、「ありがとう」と言いながら、手を合わせてくださいます。

「真剣に治療に取り組んでくださる姿勢」と「感謝の心」を、トシさんから、いつも学ばせていただいています。

 

ご高齢でも、介護予防サービスを取り入れることでQOLの現状維持が期待できます。

 

コメント